新着情報

9月度、尾上やすお市政ニュース完成。

9月度の尾上やすお市政ニュースが完成しました。今回は、大阪都構想・第6回法定協議会に提案された制度設計具体化案について、そのでたらめな内容について市民に報告する内容になっています。また、裏面では西成特区構想の目玉政策、今宮小中一貫校推進について述べています。環境問題など未解決で親も地域住民も納得していない、小学生一年生が南海電車二駅分を通学することへの対策、通学路の確保や、環境・衛星問題など、あいりん地域問題でも十分な対策はできていない。P1000481

まだまだ若いと思っていたが!

自分の誕生日を忘れていたのは、忙しいということで割り切っていましたが、子どもの誕生日もうるおぼえで、誕生月は分かっていも何日かは出てきません。ところが、孫の誕生日は絶対にわすれません。それは、1月3日生まれで、正月がくれば孫の誕生日がインプットされているからです。まあ、かわいいというのもあると思います。DSCF3544

熊本へ帰省。

盆休みに妻の田舎、熊本に私の母と三人で帰省してきました。写真は夫婦滝と鍋ヶ滝です。のんびりしてきました。DSCF3603DSCF3583

大阪市・市政改革特別委員会での議論。

橋下市長は、市政改革プランで来年度から縮小する予定だった「男女共同参画センター」(クレオ大阪・全5館)や全24行政区にある屋内プールなど計103施設の見直し時期を一年間先送りし、来年度は現行のまま存続させる方針を示しました。いずれも橋下市長が2015年の実現を目指す「大阪都構想」での特別区の数に応じて減らす予定だったが、区割りが絞られるのが来年4~6月と作業が遅れているためで、橋下市長は、公明党議員の質問に答えました。(公明党が与党会派みたい)各区にある屋内プールやスポーツセンター、子ども子育てプラザ、老人福祉センターも縮小を一年先送りとなりました。これも、この間の運動の力です。引き続き運動を強めましょう。

広島・長崎への原爆。

米国の元国務長官コリン・パウエル氏が言っています。「まともなリーダーならば」核兵器を使おうなどとは決して考えないだろう。「使わないのであれば基本的には無用だ」と。ところが日本は広島、長崎に連続して原爆を投下されました。その結果、壮絶な痛みを日本国民に与えました。戦争の責任者はだれか、わかっているようでわかっていないのではありませんか。自衛隊を国防軍にするとか、アメリカと一緒に攻撃参加できる国になったら、もはや手遅れです。安部政権が狙っていることは戦争ができる国ではありませんか。戦争をしないと誓った憲法9条を今こそ高く掲げ、9条を守る一点で協力共同を強めましょう。広島・長崎の日を前にして。

自民に対決、維新に痛打を。

参院選では、自民に対決をしたという実感はありますが、維新に痛打を浴びせたかといえば、よくわかりません。結果的には痛打を与えたとは思いますが、減ったとはいえ大阪で100票は大きいです。9月の堺市長選挙で維新に痛打というよりも「とどめ」をの決意で、創意工夫を発揮して頑張ろう。

28 / 30« 先頭...1020...2627282930