新着情報

カジノより暮らし・子育て全力で応援

3/10(日)西成区民センターにて「日本共産党演説会」が行われました。
山下よしき参議院議員を迎え、あだち雅之府政くらし雇用相談室長とともに、私もお話をさせていただきました。

維新政治と戦い丸8年が経ちました。
この8年間における日本共産党の一番の実績は、大阪市を守り抜いた事だと思っています。4年前の住民投票時に、自民党・公明党とともに都構想を否決に追いやった事は大きな意味を持っていると感じています。不毛な都構想理論を打ち砕きましょう。

■若者・子育て世代を大切に

西成区の母子センターが26年前に都島区の病院へ合併されてから、西成区には出産できる病院がなくなってしまいました。その為、子供や若者が少ない街になっているというのが現状です。さらに、住吉市民病院が「二重行政」を理由に廃止されました。跡地に新病院の設置案が発表されましたが、そこには、住民との約束である産科・小児科のベッドは1床もありませんでした。安心して子育てができるよう、当初の計画のどおりベッドを取り戻すよう声を上げ続けましょう。

また、新婚家賃補助制度の復活や、市営住宅の空き家を若年にも使えるような取り組みを考えています。

若者・子育て世代の願いによりそう街の実現に向けて全力をあげたいと思っています。

■国民健康保険料を引き下げる

大阪市は、政令市の中でも最も高い国民健康保険料であり、これが生活の圧迫につながっているのが現状です。
全国の自治体25%は均等割の排除に向けて活動しています。均等割ではなく所得にあった所得割の導入、および公費負担の増加による国民健康保険料の引き下げを実現しましょう。

日本共産党演説会(3月10日朝11時から西成区民センターにて)のお知らせです。

日本共産党演説会(3月10日朝11時から西成区民センターにて)をお知らせします。

弁士は、山下よしき 参議院議員、#カジノより暮らし子育て全力で応援 尾上やすお 大阪市議、#ブラックな働かせ方変える あだち雅之 西成大正府政暮らし雇用相談室長 です。

西成区のみなさま、ぜひお話を聞きに来てください。

西成区市民アンケートのご報告!

12月初旬から1月末まで取り組みました西成区市民アンケートの結果をご報告します。253人の方から回答をいただきました。ご協力いただいた皆様、ありがとうございました。

いただいた声を力に、暮らし子育て全力で応援の市政に変えていきます。

日本共産党 大阪市会議員 尾上やすお

#カジノより暮らし子育て全力で応援

 

 

 

 

 

西成区にて演説会を行います。

3月10日(日)午前11時より、西成区民センター(最寄り駅「岸里」か「天下茶屋」駅)にて日本共産党の演説会があります。ぜひご参加ください。

弁士/山下よしき副委員長・参議院議員、尾上やすお市議、あだち雅之府政対策委員長

 

■日時:3月10日(日)   午前11時

■場所:西成区民ホール

西成大演説会

尾上やすお 市会報告

『一兆円の公費負担でサラリーマン(協会けんぽ)並みの保険料に』

高すぎる国民健康保険料に、負担はもう限界。
日本共産党の「国保政策」を紹介し、国への要望を求めました。

『カジノよりくらしの安心・希望を』

西成区在住の方へ向けた市民アンケートを実施しました。皆さんの願い実現へむけて。

『市民病院を取り戻して、若い世代が住めるまちに』

安心して子育てができる病院を。

『都構想はさっさと断念を』

市民の選択は「大阪市の存続」

『市民の足、コミュニティバスの創設を』

大都市大阪で買い物難民。高齢者が安心して暮らせるまちへ。

『高すぎる介護保険料を値下げせよ』

高い保険料をさらにひきあげ、高齢者からは悲鳴の声。

『民泊』

近隣住民の安全のために、合法民泊への誘導を。


住吉市民病院跡地における新病院建設について質問しました

2月15日に民生保健委員会で質問を行いました。

住吉市民病院が廃止になり、跡地に新病院をつくる基本構想(案)が大阪市会民生保健委員会で報告されました。

住吉市民病院が廃止になり、その後大きな混乱はないという認識を健康局は示しました。

しかし、この委員会にむけて住吉市民病院の跡地に小児科・産科のベッドをつくってほしいという陳情が出されました。

廃止後に影響はなかったという姿勢は、陳情者の声など関係ないと言わんばかりで、もってのほかであります。

↓質問の様子を動画でぜひご覧ください。

住吉市民病院跡地に産科、小児科の入院ベッドを(動画)