ブログ

「大阪生活と健康を守る会」がめざすこと

生活保護の民主的実施を求める要望書に基づいて、大阪生活と健康を守る会連合会は8月10日(金)大阪市と交渉を行いました。

民生保健委員会所属の私、尾上と寺戸議員が出席し挨拶・激励を行いました。

日本全国が灼熱列島となっている今、エアコンの持ち合わせがない方は、積極的に福祉事務所に申請をしようと交渉冒頭に大生連会長から力強く呼びかけられました。

厚労省から、クーラー購入費支給に関する通知が出されていることを紹介し、2018年4月1日以降に一定の条件を満たす方に対して、クーラー購入費(5万円)の支給が認められるようになりました。
(詳しくは、大生連事務所、日本共産党市政相談所にお尋ねください。)

交渉では、「今年の4月1日以前の保護受給者にもクーラー購入費の支給をしてほしい」との訴えがありました。

現に熱中症で亡くなった方がおられる事実もを示し、現行の規定では、命に係わる熱中症に対する対応としては不十分と言わざるを得ません。

「命の問題として機械的に期日で線引きするのではなく、実態に応じた対応をすべきである。」と主張しました。
なかなか簡単には、「ハイ分かりました」とはなりませんが、運動をしていく決意が語られました。

生活保護基準の引き下げは、年金生活をされている高齢者にも大きな影響を与えます。

生活保護制度は、憲法で定める【健康で文化的な生活の最低水準を保証】しているものですから、この最低の生活保障水準が下がれば、これに準じて他の制度も連動し、年金生活者の皆さんの暮らしを直撃するからです。

同じ高齢者が生活保護受給者を悪く批判すれば、それはそのまま自分に跳ね返ってくる仕組みです。

反対に、生活保護水準が引き上げられると、他の制度に連動、生活しやすい状況が広がることになるのです。

競争・対立・いがみ合うことで得することは何もありません。

誰もが安心して暮らせる社会を力を合わせてご一緒に築きましょう。

8月は平和のことを考えよう!


女優の吉永小百合さんは、「いつまでも戦後」と言えるようにと語っておられました。

先日、「二十四の瞳」映画がテレビで再放送されていて、ついつい最後まで見てしまいました。

大石先生の「戦争はすかん」という言葉が頭に残りました。

今年は、終戦記念日も73回目となりました。終戦記念日が終わって数日経ちましたが、この時期は平和について考えるたいものです。

平和があたりまえの日本は、世界の人々からも平和な国と認められています。

憲法改憲の執念を見せる安倍首相、安倍政権の行き着く先は、結局、戦争する国づくりに突き進み、平和を脅かす存在以外のなにものでもありません。

恒久平和を祈って、平和の大事さをこれからも訴えて行きましょう。

憲法カフェの重要性

「明日の自由を守る若手弁護士の会」きづがわ共同法律事務所・富田真平・弁護士を講師に招いての学習会に参加しました。

憲法の三大原則「国民主権、基本的人権の尊重、平和主義」について、映像・パワーポイントを駆使して話され、勉強になりました。

その中でも特に心に残ったのは、基本的人権の尊重についての問題です。
基本的人権の尊重とは「ひとがひとである以上、当然に持っている権利を保障する」こと。

ところが、自民党の改憲草案と比較すると次のようになっています。

〇国家を縛る法が、市民を縛る法になっていること
〇基本的人権を制限し、公益・公の秩序を優先することになること
〇一番大事なのは国であって、個人はその国を支える一部に過ぎず国家のための個人となってしまうこと

これは本当に大問題だと痛感しました。

権利と義務もよく言われますが、生まれた赤ちゃんには権利はあっても義務はありませんから、憲法上の基本的人権の尊重の意味は権利と義務では計れないと言うことです。

安倍改憲に賛成する方々も、自民党改憲草案について真面目に検討したらこれは大変な中身だと気づくはずです。

日本国憲法は、不断の努力なしには守れません。その一歩が憲法学習です。

憲法カフェを無数に開き、多くの方々に日本国憲法の中身を知ってもらいましょう。

 

写真は区民アクション宣伝のもの。
あらゆる手段でみんなで力を合わせていければ……

飲み食いさせりゃ、こっちのものよ~

日テレ、読売、朝日、NHK、毎日、時事通信……。

これだけのマスコミ関係者と、系統的に酒席を設けていること自体が異常なことではありませんか。

テレビから流される情報が公平な情報だと信じている国民・市民は、論説委員や解説委員が言うことについて、どのチャンネルでも同じ情報が流されたらどうなるかです。

モリカケ問題や官僚の虚偽答弁、大臣の失言など、ちょっと前なら辞職も当たり前のことがそうならないのは、マスコミが追求しない、話を逸らす役割を担っているからにほかなりません。

その証拠がこの飲み会ではありませんか。

原爆投下から73年、8月6日の平和記念式典にて思う

広島市の松井一実市長が平和宣言で訴えられたこと。

「人類は歴史を忘れ、直視することを止めた時、再び重大な過ちを犯してしまう」

私は、これは政府・安倍政権に対して訴えたものと理解しました。

そしてそれは、昨年7月に国連で採択された核兵器禁止条約について、安倍首相が今年も触れなかったことに対して強い怒りの表明でもあるとも思います。

歴史の真実として、原爆投下がもたらした非人間的な現実を絶対に繰り返さないために、被爆国である日本は核兵器廃絶の先頭に立とう。

【原爆による死没者は、今年の8月5日現在で31万4118人】

一発の原子爆弾が、多くの無辜の命を奪ったことを絶対に忘れてはならない。

■第2回 尾上やすお劇場■ 

2階建ての社宅生活の一番の思い出は共同便所です。離れた所にあり、夜1人で行くのが怖くて母親についていってもらったこともしばしば。小学校の頃は、おとなしい子どもでした。小学校2年までは脱脂粉乳がありましたが、不味いとは思いませんでした。

テレビがあまり普及していない時代でしたので、大勢で見ていました。力道山のプロレスなど夢中になって見ました。我が家にテレビがきたのは1664年の東京オリンピックの時。

マラソンのアベベ選手が裸足で走るのが話題になりました。日本の円谷選手が銅メダルを獲得、その後、「金メダルを取ってくれ」という国民の期待に押しつぶされ、自殺。ピンクピクルスの「1人の道」という曲が、今でも心に残っています。

この先、私の人生にもさまざまなことが起こってまいりますが、続きは次号に譲ります。

第1回 尾上やすお劇場>>

1 / 2012345...1020...最後 »