ブログ

災害避難場所の改善を早急に!

日本の災害避難場所が世界的にみて、遅れていると指摘されています。

阪神淡路大震災や、それ以降の大きな災害でも避難所の悪条件が指摘され、大阪市もやっと体育館にエアコンを設置する予算を決めました。しかし、吉村市政では各行政区に1ヶ所の、24の中学校に設置することで足りるとしています。事の重大性を分かっていないと思います。熊本地震の時には、自家用車で寝泊まりしエコノミークラス症候群を引き起こした被災者が問題になりました。

昨年の台風21号の大被害時に、災害対策本部を設置しないという対応も問題でした。これは大阪府も一緒で、松井知事に至っては災害をよそに万博誘致でフランスに行く始末。カジノ・万博を誘致しようと考えている夢洲は、関空と同じように台風21号で大きな被害を受けていました。

もっと真剣に災害対策、避難場所の問題を考えましょう。災害に強いまちづくり、安心安全なまちづくりへ力を合わせましょう。

トラックバック

コメントはまだありません

No comments yet.

コメント

コメント公開は承認制になっています。公開までに時間がかかることがあります。
内容によっては公開されないこともあります。

メールアドレスなどの個人情報は、お問い合せへの返信や、臨時のお知らせ・ご案内などにのみ使用いたします。また、ご意見・ご相談の内容は、HPや宣伝物において匿名でご紹介することがあります。あらかじめご了承ください。