ブログ

都構想、法定協は空中分解!

維新の会と公明党は、大阪都構想の制度設計をめぐって市民不在の場外乱闘を繰り広げています。

「住民投票を行うことを密約により合意していたこと」

これ自体が大問題であり、維新の会と公明党によって古い政治が行われていることが明らかになりました。

驚くべきは、その事実を明かしたのが松井知事だということ。

なぜ公表したのか?それは公明党を脅すためなのです。

公明党が従わねば、知事・市長が辞職、4月の統一地方選挙、市会・府議会選挙と同時選を行うというのです。

選挙を利用して維新の都合のいい政治を進めるやり方は許せないし、こんな異常な政治をする維新に改革を語る資格はありません。

この異常な維新政治を大阪から排除し、市民の命と財産を守るために力を合わせましょう。

とりわけ急がれるのは災害から強いまちづくりです。
市民の声を聞き、一緒になって大阪市を西成区を住みよいまちに変えましょう。

 

トラックバック

コメントはまだありません

No comments yet.

コメント

コメント公開は承認制になっています。公開までに時間がかかることがあります。
内容によっては公開されないこともあります。

メールアドレスなどの個人情報は、お問い合せへの返信や、臨時のお知らせ・ご案内などにのみ使用いたします。また、ご意見・ご相談の内容は、HPや宣伝物において匿名でご紹介することがあります。あらかじめご了承ください。