ブログ

高すぎる国民健康保険料を引き下げよう!

政府の試算によると、国民健康保険加入者の一人当たりの平均保険料は、

中小企業の労働者が加入する協会けんぽの1.3倍、大企業の労働者が加入する組合健保の1.7倍という水準です。

「所得は低いのに 保険料はいちばん高い」

この不公平をただすのは政治の責任ではないでしょうか。

高すぎる国民健康保険料問題を解決するために、1兆円の公費を投入し平等割・均等割を廃止して、まずは協会けんぽ並みの保険料を実現しましょう!
実現すれば、現在の国民健康保険料は約半分になります。

1兆円の財源は、1機100億円の戦闘機を100機買わなければ作ることができるのですから。

 

高すぎる国民健康保険料引き下げを訴える「あだち・尾上」コンビ

 

 

 

 

 

 

 

 

トラックバック

コメントはまだありません

No comments yet.

コメント

コメント公開は承認制になっています。公開までに時間がかかることがあります。
内容によっては公開されないこともあります。

メールアドレスなどの個人情報は、お問い合せへの返信や、臨時のお知らせ・ご案内などにのみ使用いたします。また、ご意見・ご相談の内容は、HPや宣伝物において匿名でご紹介することがあります。あらかじめご了承ください。