ブログ

小児科・周産期のベッドが必要!

2018年3月末に住吉市民病院は閉院となり、大阪市立住之江診療所が開設されましたが、午前中のみの診療機能で入院できるベッドはありません。

私たちはこの間「医療機能を継続してほしい」と声をあげてきました。

大阪市と市大付属病院は、市民病院跡地への新病院について検討会議を行っているものの、合意はできておらず、問題がたくさんあります。

現状について詳しく報告し、今の問題点や今後の地域医療の課題など話し合いましょう。

みなさま、ご参加いただきますよう宜しくお願いします。

■日時:11月24日(土)18時~
■場所:加賀屋福祉センター2階
■主催:地域医療(住吉市民病院)を充実させる市民の会

トラックバック

コメントはまだありません

No comments yet.

コメント

コメント公開は承認制になっています。公開までに時間がかかることがあります。
内容によっては公開されないこともあります。

メールアドレスなどの個人情報は、お問い合せへの返信や、臨時のお知らせ・ご案内などにのみ使用いたします。また、ご意見・ご相談の内容は、HPや宣伝物において匿名でご紹介することがあります。あらかじめご了承ください。