ブログ

日本の空なのに航空機が飛べない「横田空域」

みなさんは、「横田空域」をご存知でしょうか。

「横田空域」とは、新潟県から東京西部、伊豆半島、長野県まで広がり、12000フィート(約3700m)から最高23000フィート(約7000m)の高度に上る空域であり、この空域においては、現在、米軍が管制業務を行っています。

関西方面から飛行機で羽田空港に着陸する際、南側で大きく旋回してから着陸に向かうのは、この「横田空域」が存在しているからなのです。

「横田」という名で誤解しそうですが、その管制空域は神奈川県や静岡県、北は新潟県まで1都8県にまたがり、最高高度は23000フィート(約7000m)もある、まさに「見えない空の壁」です。

羽田空港や成田空港を利用する飛行機の動きを不思議に思う方がいるかもしれません。
「横田空域」のせいで、日本の航空機はわざわざ大回りをして移動しており、ムダな時間や燃料を浪費しているのです。

その量は毎年11万キロリットルにもなるそうです。
この11万キロリットルという燃料は、羽田発大阪行きの消費燃料の約1年分に相当する量とのこと!

在日米軍問題と言われると、真っ先に沖縄の基地問題を皆さんは思い浮かべると思いますが、実は在日米軍問題は沖縄だけの問題ではないのです。

日本とアメリカとの関係で、これまでの歴代の日本政府は、一貫してアメリカのいいなりの姿勢を取ってきました。
安倍政権ではこの関係が際限なく、アメリカいいなりになっています。

民主国家として、独立国家として新しい日本を築き、アメリカと対等平等な関係を一日も早く築きましょう。

トラックバック

コメントはまだありません

No comments yet.

コメント

コメント公開は承認制になっています。公開までに時間がかかることがあります。
内容によっては公開されないこともあります。

メールアドレスなどの個人情報は、お問い合せへの返信や、臨時のお知らせ・ご案内などにのみ使用いたします。また、ご意見・ご相談の内容は、HPや宣伝物において匿名でご紹介することがあります。あらかじめご了承ください。