その他のページ

8月は平和のことを考えよう!


女優の吉永小百合さんは、「いつまでも戦後」と言えるようにと語っておられました。

先日、「二十四の瞳」映画がテレビで再放送されていて、ついつい最後まで見てしまいました。

大石先生の「戦争はすかん」という言葉が頭に残りました。

今年は、終戦記念日も73回目となりました。終戦記念日が終わって数日経ちましたが、この時期は平和について考えるたいものです。

平和があたりまえの日本は、世界の人々からも平和な国と認められています。

憲法改憲の執念を見せる安倍首相、安倍政権の行き着く先は、結局、戦争する国づくりに突き進み、平和を脅かす存在以外のなにものでもありません。

恒久平和を祈って、平和の大事さをこれからも訴えて行きましょう。