その他のページ

淀川左岸線2期事業は中止し、自然を守ると共に、地震津波災害に備えよ!

 淀川左岸線2期事業を進めても経済効果には疑問。大型開発優先の失敗は、これまでも大阪市は何度も経験しているのに、何故、無駄な開発をつづけるのか。その狙いはハッキリしています。関西財界の要求です。それから府市統合の大阪都構想も大型開発優先の考え方に偏っています。橋下市長は寝ても覚めても関空リニアや淀川左岸線高速道路開発で頭がいっぱいと言い放っています。淀川の自然水系にも影響を与える無駄な開発はすべきではありません。042037