ブログ

民生保健委員会で行政視察に行きました。

民生保健常任委員会行政視察レポート   尾上康雄    2015年8月19・20日

 

世田谷区は人口約89万人で、高齢化もありますが子どもは増加傾向がしばらくつづくと言っておられました。ここでは、認知症初期集中支援の事業についての概要・説明をお聞きしました。課題は、単身高齢者への支援のあり方です。区を27の地域、中学校区に責任持つ体制をつくり支援していく。大阪市では、各区に2~3ヶ所ですから、世田谷区のように広げていくには相当な体制が必要で、もちろん地域のボランティアと専門職との共同・連携が必要になると感じました。

 

次に「東京スカイツリータウン」とその周辺を支える高効率地域冷暖房システムについて視察を行いました。スカイツリーの地下に巨大なシステムをつくり省エネ、CO2削減で温暖化防止の取り組みのDVDを視聴し、巨大な水槽や、地熱を利用する仕組みを教えて頂きました。コスト面ではどれだけの効果があるかはハッキリとはわかりませんでしたが、大事なことは、環境にやさしいこと、将来のエネルギーをあり方を追及する姿勢だと思いました。大阪も70年代は高度成長時代で公害がばらまかれましたが、コストをかけて企業が公害を規制する技術があり、その当時、黒田府政になって以降、公害が大きく改善されました。原発に頼らない自然エネルギーの活用の重要性を感じました。

 

神奈川県庁では、県立病院のあり方検討委員会の概要と実践経過報告をうけました。医療の問題で特に感じたのは、医師確保、医療スタッフ確保と経営効率化など、独立行政法人化することによって、前向きに進みだしている中身が中心の報告でした。そして、住民の声、不安に応えるために努力していると感じした。大阪市での住吉市民病院廃止の動きとはちょっと違うなと思いました。特に、小児周産期医療に対する考え方を大阪市・橋下市長は学ぶべきであると痛感しました。先端医療、高度な医療の重要性も十分に感じました。医療スタッフのモチベーションを上げることも非常に大事なことです。残念ながら大阪市では橋下市長就任以来、優秀な人材が去っていっているのではないかと心配しています。

最後の視察は、神奈川県立こども医療センターです。ここでびっくりしたのは、障害者も通える学校があることです。また、超未熟児1000グラムの新生児を元気に成長させるために日々力を発揮していること、生まれる前に、性別が解っていることはもちろんのこと、心臓病がある事などもすべて掌握し、母子の健康を考えていること、こんな病院が身近にあったらどれだけ心強いかと思いました。大阪での高度医療中心に府立母子医療を進めることはこの点では必要な医療です。それだけに、高度な医療は必要ではないが、赤ちゃん、子どもの病気を身近に診てくれる病院、住吉市民病院はなくてはならない病院だと言うことも改め明らかになったのではないでしょうか。

今回の民生保健常任委員会の行政視察は、大変有効で、有意義な視察であったと思います。

大阪都構想にはデメリットしかない。

そもそも大阪都構想は、府と市で二重行政であると言い出した橋下市長が無理やりにすすめているものです。無駄な二重行政をなくしたら4000億円浮いてくると言っていました。ところが、法定協議会で提案されたパッケージ案では706億円という結果に、ところが、その中身が問題で、効果額のなかに都構想に関係ない地下鉄・市バスの民営化で290億円や市政改革プランで237億円と市民いじめによる民営化が含まれていました。協議会では、粉飾、盛りすぎなどと批判の声が上がっていました。橋下市長は議論に詰まって、コストや効果の小さい話ではない、オリンピックを呼ぶには大阪都しかないとい言う始末です。問題は他にも山積で、特別区の厳しい財政運営、住民サービスは全く良くならない。特別区間の格差も容認できないひどい内容です。一人当たりの歳入が最大4.5倍、財政調整をしても1.2倍。普通財産は最大39倍、公営住宅などの行政財産も偏在。都構想は百害あって一利なし! 実現不可能な絵に描いた餅! これ以上の論議は時間のムダ! 

早く議会を正常化したい。

市会議長の不信任決議可決を受けて、維新の会は美延議長に辞職を示唆したとみられますが、拘束力のない議決であること、謝罪をして議長報酬の3ヶ月分返上で責任をとることで、議長続投の意思を周囲に言っているようです。本日の夕刊で報道されていました。問題は、不信任を可決した公明・自民・みなり(民主系)は議長辞職をしないのであれば、審議拒否をするようで、10日に予定されている本会議の開催がどうなるのかわからない状況です。私は、この問題の本音の部分に政治的利用の部分が多分にあるのではないかと思っています。迷惑を受けるのは市民であります。大阪都構想にノーの審判を下した堺市長選挙の結果もありますし、地下鉄・市バス民営化問題も2度にわたって継続になり、今回で3回目であり、きっぱりと民営化に終止符をうつ大事な議会です。早く正常な議会運営をすることを求めます。

堺市長選挙は、橋下「維新の会」政治、大阪都構想を否定。

橋下市長が大阪都構想を打ち出して、選挙で初めて負けました。民意は大阪都構想を否定しましたが、記者会見での橋下市長の言い分は、大阪都構想については否定されていないと、勝手な解釈で選挙でまた勝って都構想をすすめると言うのは、あまりにも自分勝手な言い分です。負けを認め、都構想の何が否定されたのかを語るべきであります。橋下市長の人気にあやかってきた「維新の会」は今後、大きな分岐点を迎えるでしょう。野党再編の動きもありますが、維新の会は、それまで持つか、党分裂もあるのではないかと私は思っています。これまでの、どんな政党も、政治家も、国民の世論、国民の支持のもとに成り立っています。橋下市長、維新の会の賞味期限は!現在、大阪市会が会期中です。公営・準公営企業会計決算、一般会計決算の質疑、地下鉄・市バス民営化、幼稚園民営化などの議論の行方は、市民生活に直結しますので、ぜひ注視してください。また、大阪都構想については、法定協議会で議論中ですが、堺市長選挙の結果は、大きな影響を与えるでしょう。

市会本会議でまたもドタバタ。

大阪市会始まって以来、議長不信任決議が可決されました。美延議長が政治資金パーテイーに市立高校の吹奏楽部に演奏させたことが問題視され、謝罪と議長手当3ヵ月分返上ということに対して、公明・自民・みらい(民主系)3党が、不十分と納得せず議場に提案され可決されました。日本共産党は、確かに議長の行ったことは不適切ではあるが、議長不信任まで問うことではないと判断しました。また、提案趣旨の中に、「職員の政治的行為の制限に関する条例」制定に向けても率先してすすめてきたという文言があり、到底賛成できないこと。そして、何の関係もない高校生にも影響を与える点も考慮すべきと考えたからです。そもそも、橋下市長自身の従軍慰安婦問題発言や、維新の会の複数議員の問題行動(陳情書をごみ箱に捨てる写真を自身のブログに掲載など)が、議会に混乱を持ち込み、貴重な時間を無駄にすることになっています。もっと、市民の生活・暮らしの問題で、切実に要求されていることを大阪市会において議論をするべきであると思います。

9月度、尾上やすお市政ニュース完成。

9月度の尾上やすお市政ニュースが完成しました。今回は、大阪都構想・第6回法定協議会に提案された制度設計具体化案について、そのでたらめな内容について市民に報告する内容になっています。また、裏面では西成特区構想の目玉政策、今宮小中一貫校推進について述べています。環境問題など未解決で親も地域住民も納得していない、小学生一年生が南海電車二駅分を通学することへの対策、通学路の確保や、環境・衛星問題など、あいりん地域問題でも十分な対策はできていない。P1000481

Page 1 of 212