ブログ

大阪都構想・特別区への幻想に騙されないために!

IMG_0831IMG_0832大阪都構想というとよくわからない、しかし、大阪市廃止・分割構想と呼ぶと、内容がわかりやすい。大阪市は廃止され消滅する。24区も消滅しい、5つの特別区が設置される。大阪市の権限・財源・施設は、大きいものは府、小さいものは特別区へ。大阪市の廃止の決定は、大阪にとっては言わば憲法改正ともいうべき重要なもの。議会と住民の2つのハードルを課している。ということは、一旦、大阪市を廃止をしたらもとには戻れないということです。闇取引で協定書を復活させた橋下市長、官邸が創価学会に働きかけ、公明党が住民投票に賛成する急展開。二重行政の無駄なくすは大ウソであることが法定協議会で明らかに、4000億浮くは真っ赤なウソ、年1億円でした。大阪都になれば何か1つぐらいは、いいことがあるのではないか、まったくありません。百害あって一利なしです。住民投票できっちり否決するために、力を合わせましょう。

トラックバック

コメントはまだありません

コメントはまだありません。

コメント

コメント公開は承認制になっています。公開までに時間がかかることがあります。
内容によっては公開されないこともあります。

メールアドレスなどの個人情報は、お問い合せへの返信や、臨時のお知らせ・ご案内などにのみ使用いたします。また、ご意見・ご相談の内容は、HPや宣伝物において匿名でご紹介することがあります。あらかじめご了承ください。