月別アーカイブ:2014年11月

2014年11月25日の記事

上の写真は、あべさんやめて、はしもとさんやめて、声を聞いて、独裁やめて、みんなでかえよう、政治をかえよう、増税やめて、生活壊すな、戦争反対、命をまもれ、原発いらない、再稼働やめて、吉はいらない、どこにもいらないと、元気にデモをしました。下の写真は、西成区女性後援会のつどいで挨拶をする「わたなべ結」さんです。突然の解散総選挙、新しい政治をご一緒につくりましょう。

1404606_828771857186743_2941766457035059222_oDSC02386

安倍首相の解散・総選挙は、アベノミクスの経済政策の失敗。

本日、安倍首相は衆議院解散を宣言しますが、その理由、根拠の説明では、消費税を来年10月から10%に増税できる経済状況ではないので、18ケ月先送りをする是非を問うために解散する。18ケ月後の経済情勢がどうであろうと、その時は消費税は10%に増税するというものです。今回の解散総選挙で問わなければならないのは、アベノミクスの経済政策が失敗をしたことを認めるかどうか。それは、大企業・富裕層・大株主には多大なる恩恵はありましたが、圧倒的な国民、庶民にはマイナスの経済政策であった。円高で物価が上がり給料は15ヶ月連続マイナス、年金は年々減らされる一方です。反対に消費税増税で社会保障の負担が軽くなると思っていたら、どっこいこちらは医療・介護・国保など負担が増えるばかりでした。したがって、普通に考えれば誰でもわかる話ですが、今回の安倍首相が言う解散総選挙には大義はありまん。また、アベノミクスは大失敗というのが私の結です。10384612_594755743984391_5375314033856893182_n

突然の解散・総選挙、ハンド宣伝で地域へ打って出よう!

いっせい地方選挙勝利へ、地域にハンド宣伝、総勢10名でのぼりをもちビラをまきながらの宣伝で、参加者自身が元気になりました。住吉市民病院問題については関心がいまなを高いことを痛感致します。当面来年のいっせい地方選挙が国政のおおきな選挙と考えていましたが、突如、解散・総選挙が浮上し、いまや、19日解散、12月14日投票ということが新聞テレビのニュースで流されて、安倍首相は一言も言っていないが、伝家の宝刀を抜くということになりそうです。地方選挙から解散・総選挙に切り替えて、元気に頑張る決意です。
天下茶屋宣伝