ブログ

淀川左岸線2期事業は中止し、自然を守ると共に、地震津波災害に備えよ!

 淀川左岸線2期事業を進めても経済効果には疑問。大型開発優先の失敗は、これまでも大阪市は何度も経験しているのに、何故、無駄な開発をつづけるのか。その狙いはハッキリしています。関西財界の要求です。それから府市統合の大阪都構想も大型開発優先の考え方に偏っています。橋下市長は寝ても覚めても関空リニアや淀川左岸線高速道路開発で頭がいっぱいと言い放っています。淀川の自然水系にも影響を与える無駄な開発はすべきではありません。042037

 

 

トラックバック

コメントはまだありません

コメントはまだありません。

コメント

コメント公開は承認制になっています。公開までに時間がかかることがあります。
内容によっては公開されないこともあります。

メールアドレスなどの個人情報は、お問い合せへの返信や、臨時のお知らせ・ご案内などにのみ使用いたします。また、ご意見・ご相談の内容は、HPや宣伝物において匿名でご紹介することがあります。あらかじめご了承ください。