ブログ

市会本会議でまたもドタバタ。

大阪市会始まって以来、議長不信任決議が可決されました。美延議長が政治資金パーテイーに市立高校の吹奏楽部に演奏させたことが問題視され、謝罪と議長手当3ヵ月分返上ということに対して、公明・自民・みらい(民主系)3党が、不十分と納得せず議場に提案され可決されました。日本共産党は、確かに議長の行ったことは不適切ではあるが、議長不信任まで問うことではないと判断しました。また、提案趣旨の中に、「職員の政治的行為の制限に関する条例」制定に向けても率先してすすめてきたという文言があり、到底賛成できないこと。そして、何の関係もない高校生にも影響を与える点も考慮すべきと考えたからです。そもそも、橋下市長自身の従軍慰安婦問題発言や、維新の会の複数議員の問題行動(陳情書をごみ箱に捨てる写真を自身のブログに掲載など)が、議会に混乱を持ち込み、貴重な時間を無駄にすることになっています。もっと、市民の生活・暮らしの問題で、切実に要求されていることを大阪市会において議論をするべきであると思います。

トラックバック

コメントはまだありません

コメントはまだありません。

コメント

コメント公開は承認制になっています。公開までに時間がかかることがあります。
内容によっては公開されないこともあります。

メールアドレスなどの個人情報は、お問い合せへの返信や、臨時のお知らせ・ご案内などにのみ使用いたします。また、ご意見・ご相談の内容は、HPや宣伝物において匿名でご紹介することがあります。あらかじめご了承ください。